tontatontatonta

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

六甲山で遭難

20081203210107
ロシアンルーレットは廻ってる

昨日は、朝から西ノ宮浜でマルキュー

脊椎がポキッワタシちゃいまっ

マルキューの付添人を浜で待ってたら、、午後からの予定の、六甲山ダウンヒル、、、なんともまぁ、4時まわってしまいました。

これが・・・

もちろん、今日も、一緒するのは、芦屋のM 吹田のA 宝塚のY

ほんまに、まぁ、山中がだんだん暗くなってきてるというのに、わたくし、皆とはぐれてしまいました皆、速いんだもん皆と反対方向に下ってしまった

気付けば、タイヤ痕がなく、バイクにも乗れない感じの岩場なのに、誰もいないって・・・・

みんなぁ--------------どこぉ---------叫んだら、どっからか、私を呼ぶ声が・・・・、そのうち消え
気付けば、太陽が沈んで行く

地面も見えにくく

少し逆戻りしたけど、だんだん暗くなってきて

遭難したときは、気が動転してるから、動き回らないって、言うから、座り込んだけど、回りがじわり、じわりと暗くなってきて

今晩一晩山で過ごしたら、明日レスキューが助けに来てくれるはずやから、と自分を奮い立たせ、発見されたときには、体温低下で毛布に包まれたりするんやなぁと、悲しくなり。悲しくなり。


幻聴なんかも、聞こえたりなんかして、誰かが下の方で、私に向かって、、『俺らは、ココやぞぉ----』と鉄パイブを叩いてる音がしたので、私も負けずに、石と岩を叩くものの、たいした音が出ずあぁぁ--

携帯は車に置いてきたし私は暗い六甲で独り、ぁぁぁぁ悲しぃ---

しかし、決めました。何がなんでも、下山することを、何時間かかっても、したまで下りることを

暗がりの中、標識に、ハンチをくくりつけ・・・、私の進む道をレスキューに示すか如く、

もしも仮に、皆と出会えるかもしれない微かな期待を抱きながら、大声も出しながら、山道をグイグイ下って・・・

明かりが、幻覚、いやっ、ホンモンや


助かった助かったぁヨカッタぁ

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

いやぁ~遭難事件はマジでやばかったです

再びblog更新出来るこの人生に感謝

これからの人生は、おまけみたいなもんです。

更なる自由を求めて・・・・・邁進

とみたけ~こ | URL | 2008年12月07日(Sun)22:57 [EDIT]


つきそいにんダー

やっっぱり、待っていただいていたんですね。
すいません。

心細さ 心中さっするに余りありますが・・・

お陰様で、大事に至らずすみました。

情けは人のためならず、

まわりまわって己がため

ですのん。(≧▽≦)

ほんとうに、ありがとうございました!

皆様にもよろしくお伝えください。

恩返しはきっと。


付添い人 | URL | 2008年12月05日(Fri)00:17 [EDIT]


よかったね~
無事下山できて
次は楽しいライドを!

Ez | URL | 2008年12月04日(Thu)23:03 [EDIT]


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。